version="1.0" encoding="EUC-JP"'; ?>

上映予定作品
通常上映
3D上映
日本語字幕
日本語吹替
サーホー
原題
SAAHO
監督
スジート
キャスト
プラバース シュラッダー・カプール ニール・ニティン・ムケーシュ ジャッキー・シュロフ チャンキー・パーンデー
これが、“アクションの頂点”。
ストーリー
インドのはるか遠くにある暗黒帝国の犯罪都市ワージー。このきらびやかな大都市を裏で牛耳るのがロイ・グループのロイ(ジャッキー・シュロフ)だ。
20年前、抗争に敗れたロイはボンベイからワージーへ脱出し、首領プルドヴィラージの後継者になったのだ。

ロイは金や石油の裏取引で組織を発展させたが、後継者争いに敗れたプルドヴィラージの息子デーヴラージ(チャンキー・パーンデー)は面白くなかった。
やがて、内部の対立が表面化すると、抗争を恐れたロイは裏社会から脱却し、ロイ・グループとして合法的な事業を展開した。
そして、2016年からインド政府の優遇措置を受け、再生可能エネルギー及び水力発電事業を展開させる。しかし、その事業が動き出した矢先、ロイ会長は凱旋したムンバイで暗殺されてしまった。

その3週間後――。ムンバイ市警察は、被害総額3億ドル(約300億円)の謎の窃盗グループを追っていた。
実行犯を全員逮捕したものの、逮捕者は「見知らぬ者から指示を受けただけで、犯罪に加担していない」と自供する。実に謎めいた事件だった。そこで、市警幹部は現場に「今後の捜査は覆面捜査官に託した」と明かす。

男の名前はアショーク(プラバース)。たくましくしなやかな肉体、そして、鋭い洞察力を持つタフガイ。大男たちをなぎ倒したと思えば、事件現場では犯行当時の犯人の動きを見事に言い当てる伝説の捜査官だ。
全国公開(3/27〜)遅れて上映

PAGE TOP