version="1.0" encoding="EUC-JP"'; ?>

スタッフブログ

『ヒーロー日和』

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2014-8-6 23:30
 こんばんは。
お久しぶりです。ヒダカです。
暑い日が続きますが、皆さま、夏を満喫されていますでしょうか?
隣のデスクの支配人が、日に日に焼けていきます。
通勤焼けだと言い張ります。
半分だけ信じることにしています。

さてさて、そんな話題をお伝えしたい訳ではなく、今日はいち早くこの話題をば。
『エイトレンジャー2』公開記念【エイトレンジャー出動せよ!キャンペーン】の丸山隆平さん&ハチモン舞台挨拶。
宮崎のランキングが、全国でも1位であることが発表されました!
ご協力いただいた皆さまに、心より感謝申し上げます。
少しでも恩返しができればと、私たちに出来ることを考えた結果、感想コメントをご本人にお届けしよう!と。
先日まで投函BOXを設置させていただきました。
たくさんの感想コメント、ありがとうございました!
皆さまの感想コメントは、取材部屋の壁一面に!(以前試写会でお配りした大きめの用紙でご投函された方の分は、縮小してます〜)
この想い届け!と、丸山さん&ハチモンに猛アピール!見てくださってましたよ〜♪
この装飾は、最近曇り空の続く宮崎なので、青空と入道雲をイメージして作ってくれました。





そして、2回目の舞台挨拶をご鑑賞いただいた方にはお分かりになると思いますが、
丸山さんが当劇場スタッフの描いた絵のお話をしてくださいましたので、写真アップします(描いた本人の許可を得ました〜)。



ハチモンズ。スタッフの中で流行らそうと思います。
前日、遅くまで黙々と描く姿は、まさにアーティスト。

そして、ウェルカムボードもご紹介。



実は、ヒマワリに完全に隠れたハチモンがいます。
切り貼り、ラミネートの繰り返し作業、今やプロ級。
何とも心強く、頼もしい限りです。
そして、スタッフ手描きイラストの話題に触れてくださった丸山さん、いや、丸ちゃん!本当にありがとうございました!!
前日までずーっと愚図ついていた天気が、今日は朝から晴天で青空が見えました。
さすがヒーロー!!宮崎の天気も救ってくれました。

さらに、舞台袖から見るお客様の一体感と、笑顔、ステキでした。
映画館でも、こういったライブ感を味わえるというのは、新しい発見でもあります。
ランキング1位を目指す理由。
この過程が楽しくてクセになる訳です。
映画館が盛り上げ役として、少しでもお手伝いができるのであれば、スタッフ冥利につきます。
まさに今日は、完全燃焼なヒーロー日和。
楽しい、嬉しいヒトトキでした。
ご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
『エイトレンジャー2』また是非観にきてくださいね。
心よりお待ちいたしております。

まだまだ暑い日が続きますので、熱中症などにお気を付けくださいませ。

ヒダカでした。

それでは、また。

Aibou

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2014-5-16 0:27
最近、旅欲求がフツフツと沸いています。
温泉、酒、美味しいもの、酒、酒、酒・・・
あ・・・
すみません。
完全に妄想に入っていました、フロアスタッフ・カタヤマです。

皆さまは良い連休を過ごされましたか?
おかげさまで当劇場、今年のGWは作品にも恵まれ、本当に沢山のお客さまにご来場頂きました。
本当にありがとうございました。
今後も話題作、良作が控えておりますので、引き続きご愛顧の程、よろしくお願いします。

さて、以前から何度か書いていますが、カタヤマは三度の飯より「相棒」好き。
好きが高じて、福岡の大丸で開催された「相棒展プレミアム3」に行ってきました!




憧れの特命係セット!


ファンならご存知「暇か?」


終始はしゃぎっ放しのカタヤマでした。
(全て撮影及び掲載の許可は頂いてます〜。)

カタヤマを含め相棒ファンは通常、放送されていない4月から9月の間、心にポッカリ穴が空いた状態、
いわゆる【相棒ロス】に陥ってしまうのです。(マジです!)
が!
今年は違います。
『相棒−劇場版掘鬱霏臾室!特命係絶海の孤島へ』が公開されていますから!
スピンオフを除く、相棒の劇場版としては、およそ三年半ぶりです。
見所の一つは、何と言っても及川光博さん演じる、元相棒・神戸尊と、
成宮寛貴さん演じる、現相棒・甲斐亨の新旧相棒初共演シーン!
例えが変かもしれませんが、特撮ヒーローもの作品で、前任のヒーローが登場した時のようなワクワク感がありますね。
内容に関しては、勿論、観てのお楽しみですが、劇場版ならではのスケールとキャスト。
是非、ご堪能くださいね。
『相棒−劇場版掘檗拈篁疹絮巴罎任后

P.S.
最後にもう一つだけ。
テレビドラマ「相棒シーズン12」の第一話で、大怪我をしてしまい警察を退職した筈の三浦刑事(大谷亮介さん)が、
本作品で捜査一課の一員として登場しています。
不思議に思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
本作品、時系列としてはドラマのシーズン11とシーズン12の間に起った出来事ですので、
三浦刑事はこの時点でまだ退職していないのです!
今回の劇場版が、トリオthe捜一揃い踏みを観られる、最後の作品です。
お見逃しなく!
相棒マニアのカタヤマより、プチ情報でした。

P.S.のP.S.
相棒ファンの方に、もう一つだけお知らせが!
5/17(土)〜『相棒−劇場版掘檗戮鬚幹嫋泙気譴襪客様に、【大ヒット御礼Thank youカード】をお配りいたします!
全国39(サンキュー)万枚限定の配布ですので、無くなり次第終了となります。
確実にゲットされたい方は、5/17(土)〜お早目にご来場くださいませ〜。

「WOOD JOB!(ウッジョブ!)神去なあなあ日常」 矢口史靖監督

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2014-4-28 17:08
 「矢口史靖監督」 爆笑と感動のこれまでの作品

「ウォーターボーイズ」 男のシンクロ!? 原点となる不屈の名作!
「スウィングガールズ」 女子高生がビッグバンドジャズ!
「ハッピーフライト」 誰も見たことのない航空業界の裏側!
「ロボジー」 ロボットに入ったおじいちゃんが大活躍!

そして、矢口監督が次に選んだのは、なんと【神去村(かみさりむら)】 !!

「WOOD JOB ! (ウッジョブ!)神去なあなあ日常」
林業という言葉は知っていても、どんな仕事をしているとか全く知らなかったのですが、この作品、100年先を見据える“林業”の世界を舞台に、主人公が色々な面で変わっていく、田舎の魅力・豊かさなど見どころ満載で、爆笑、感動、最後の衝撃体験まで目が離せません。
監督が取材を受けてる時に話されていたのは、三浦しをん(舟を編む)の原作の面白さもありながら、取材での様々なことを盛り込んでシナリオを作ったので、自分の気持ちが主人公に反映されていて、主人公と一緒に林業を体験しているような体験型ムービーになっている。絶対に見るべし!! と…。



一緒に食事をする機会があり、色々話を聞くことができました。撮影中は、電波も届かない“超”がつくほどの田舎で、そのために直接色々と話をするようになり、出演者の方たちは仲良くなっていったらしいです。
映画も先に観せてもらいました。私が印象的だったのは伊藤英明さん。海猿もいいですが、こっちのヨキ(役名)のほうが人間味に溢れていて合っていると思います。カッコイイですよ。監督に言わせると“野生児”との事、実際の伊藤さんもこのままだそう。
このほかにも、シナリオを原作者に見せるときのドキドキ感の話、撮影に入る前の特訓の話、ヒルの話、高所恐怖症の話、監督の大事なところ噛まれた話などなど、とても楽しい時間でした。
こんな魅力満載の「WOOD JOB ! 」。GWに他の映画を観る予定だろうけど(決めつけてますが)、そのGW後5月10日公開なので、もう一本、是非劇場でご鑑賞ください。

 

※「なあなあ」という神去地方の方言(「ゆっくりのんびりいこう」、「まあおちつけ」など)の話になった時、宮崎にも同じような方言があるという事で話が弾みました。みなさんご存知「てげてげ」。
 
なんつーか、地球にやさしく、ありたいワケよ。ま、なあなあやな。

●あと少しお付き合いを。

  

宮崎セントラルシネマのコリドー(劇場までの通路)の写真です。
ここは、スギ素材生産量日本一を誇る宮崎・日南の「飫肥杉」を使った壁になっています。とても落ち着く空間です。是非ご来場ください。心よりお待ちしています。

【参考まで】
飫肥杉再生プロジェクト ココロココ 
http://cocolococo.jp/town/miyazaki-obisugi

 

飫肥杉について 
http://www.kushima-shinrin.or.jp/about-obisugi.php

「春を背負って」 江戸っ子気質の木村監督

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2014-4-28 15:18
 ご無沙汰です。いよいよGW突入です。
年に一・二度、ローテーションに入っている…と思っている支配人です。
昨年は色々と舞台挨拶などイベント的なものがありました。
「ひまわりと子犬の七日間」で、堺雅人さん。
「図書館戦争」で、V6の岡田准一さん、榮倉奈々さん。
「おしん」で、宮崎の星、濱田ここねちゃん&詩朗さんが宮崎セントラルシネマに来場されました。
今年は、3月に“木村大作監督”(6月14日公開「春を背負って」)、
4月に“矢口史靖監督”(5月10日公開「WOOD JOB!(ウッジョブ!)神去なあなあ日常」)のお二人が、
全国キャンペーンのため宮崎に来られました。その際ご一緒したので紹介します。

「春を背負って」



なんと、監督が自ら車を運転して、宣伝マン任命証を配るため、全国47都道府県を回るというキャンペーンで宮崎に来られました。5年前の「劔岳 点の記」のときにも、同じように来られました。すごくパワフルな方です。江戸っ子なので声が大きく、はっきりものを言うといってました。映画の構想から撮影現場の裏話など、ここでしか聞けない話や、作品に対する想い面白さを、各媒体での取材、試写会でのお客さんの前で話していただきました。



私も試写を観ましたが、前作「劔岳」の厳しさだけでなく、今回は現代の話で、個々の人間がうまく描かれた家族の映画。観た後に「よかった〜」と思えるような作品です。山崎まさよしさんが歌う主題歌「心の手紙」もいいです。
公開は、6月4日(土)、ワールドカップブラジル大会と同時期ですが、是非劇場でご鑑賞ください。富山県立山連峰の景色は圧巻です。






次は矢口監督の「WOOD JOB!」紹介。

【Robocop】 & 【The Secret Life of Walter Mitty】

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2014-4-12 21:30

今年こそ・・・

今年こそ絶対花見に行こうと思っていたのに・・・

通勤の途中で葉桜を見て、何だか切なくなってしまいました(キャラに合いませんけど)。

 

フロアスタッフ・カタヤマです。

久しぶりの投稿です。

 

今回は二作品ご紹介します。

 

まず一つ目は、「ロボコップ」。

 

 

ヒットシリーズから約20年ぶり、待望のリメイクです。

旧作は全部観たはずなのですが、不思議なくらい記憶がなく、逆に全く先入観のない状態で鑑賞できました。

もし、目が覚めて全身機械に変えられていたら・・・自分ならどうするだろう・・・

また、家族や大事な人がそうなったらどうするだろう・・・

そんな事を考えてしまうカタヤマです。

苦悩しながらも家族の為に戦うロボコップの【心】の強さに感動です。

 

しかしながら本作品、4/18(金)までの上映です。お見逃しなく!

 

そして、二つ目は、「LIFE!」

 

 

ベン・スティラーが監督・主演で話題の作品です。

なんというか・・・こんなにもサービス精神が旺盛な映画も珍しいなぁと。

とにかく飽きない仕掛けが随所に。いやはや、楽しい!

もう1回観たいと思う方も多いと思います。

カタヤマは、精神的にシンクロしてしまうシーンが幾つもあって、途中から涙が止まらなくなってしまいました。

ラストシーンは、ある程度予想できつつも、やはりやられてしまいました。涙腺決壊。

 

「LIFE!」字幕スーパー版、絶賛上映中!

 

P.S.

時々カタヤマブログに登場するフロアスタッフ・シゲさん。

またまた載せちゃいます。

カタヤマが鑑賞し損ねたので、お蔵入り寸前でした。

既に上映終了していますが、「ジャッジ!」より。

さぁ!シゲさんを探せ!

 

 

 

PAGE TOP