version="1.0" encoding="EUC-JP"'; ?>

スタッフブログ

『ご縁。』

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2016-11-5 22:23
こんばんは!

スタッフブログ開設から5年。
こちらへの投稿が年に数回となり、今やFacebook管理人になりつつあります(すみません!)。
改めまして、副支配人・ヒダカです。

さて、今回は『君の名は。』についてお話しさせてください。
今頃??
えぇ、自分でもそう思います(笑)。
ただ、ほんの少しあまのじゃくな自分もおりまして。
満席続きの社会現象真っ只中に更新する事に「今じゃないかも」と、この機会が訪れるまで温めていた訳です。

その機会とは…
本作にも登場する“くみひも”とのご縁です。
公開1カ月経った頃でしょうか。まだまだ満席の続く時期でした。
イオンモール2Fの天然石アクセサリーのお店【アナヒータストーンズ】のスタッフさんから、こんなお話をいただきました。
「『君の名は。』を観られたお客様が、“くみひも”が出ていたので寄ってみました、とご来店される方が増えてるんです。」と。
実は、その時未観の状態だった私に灯が点きました。
“くみひも”って??何現象が起きてるの??

即、観ました。

一葉おばあちゃんが言っていた「むすび」の深い意味と糸守の伝統。
糸を繋げること、人を繋げること、時間が流れること。
完全に“くみひも”に魅了されている自分がいました(あまのじゃくヒダカなんている訳ない!)。
私自身、人やモノとの出逢い方に不思議な縁を感じる経験が多く、共感できる要素でした。
おそらく、ご鑑賞された方々も“くみひも”にいろんな想いを投影されたのかもしれません。
三葉ちゃんと瀧くんはスマホ世代、言わばデジタルに生きる二人です。
その中で伝統を含め、アナログな部分も展開されていきます。
デジタルとアナログの共有バランスに、何か忘れかけているものを思い出させてくれる。
そんな事を感じながら劇場を後にしました。

【アナヒータストーンズ】さんへ直行されるお客様のお気持ち、分かります。
(スタッフさんブログ:http://www.anahitastones.com/blog/miyazaki/2016/10/post-427.html

“くみひも”の反響は全国区のようで、専門店【昇苑くみひも】のスタッフさんも驚いていらっしゃるようです。
(スタッフさんブログ:http://ameblo.jp/showen/entry-12199201079.html

私、関西方面へ行く用事がありまして、京都の宇治本店さんまで行ってきたのです。
劇中シーンを思い起こさせる丸台もありました。



店舗公式HP:http://www.showen.co.jp/

会社の名札用にネックストラップを購入しました。


 
本当は自然光で色味を見た方が、さらに鮮やかで良い色です。

そして、ご縁があるとしか思いようのない流れに、【アナヒータストーンズ】さんとのコラボ企画を立ち上げました。
スタッフさんと1カ月ほど時間をかけ、ようやく本日11/5(土)よりスタートです。

【アナヒータストーンズ】さん:願いを結ぶくみひもフェア 






【セントラルシネマ宮崎】アナヒータストーンズさんの“くみひも”商品特別展示



12月末までのコラボ企画です。
ぜひ、“くみひも”&『君の名は。』に魅了されてください。

そして、『君の名は。』まだまだ上映いたします!出来れば来年まで延ばしたいっ!
私の務めは、その想いを隣のデスクの支配人へ、チクチク言い続けることでございます。
皆さまのご支援、引き続きよろしくお願いいたします。

宮崎もついに寒くなってきましたので、お風邪など引かれませんようお気を付けくださいね。

以上、あまのじゃくヒダカでした。

それでは、また。

予告の王様

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2016-6-8 14:18
 
どーも、渡邉です。


皆さん、最近、映画は観ていますか?その予告も楽しみにはしていますか?
DVDなどの予告は観る派ですか?早送り派ですか?

あるアンケート調査結果なのですが、映画を観るきっかけの中で一番の原因となるものが「予告!」
ならば、たくさんのお客様に観てもらいたい。そして鑑賞欲を是非、高めてもらいたい
!!
という訳で
 

6/11㈯〜6/17㈮『予告の王様 夏季篇』開催です。

【観賞料無料:3Dメガネ無料貸出・上映時間:約20分】

※今後の上映予定作品の中から選りすぐった最新の予告映像を上映します。

※期間中は日によって、予告作品のラインナップが変更になります。

 

前回、開催したのは昨年の11月です。それよりもさらに力を入れて編成しました。

ラインナップはHP上や、ロビーにて展開中です。

この夏のあなたの作品がきっと見つかると思います。

ラインナップ詳細▽▽▽▽▽▽▽▽(下の画像をクリック)

 

最近はTVのCMなどに限らずYouTubeの広告などにも映画の予告が入っていたりしますよね。
自分は思わず全部、観てしまうのですが、やっぱり予告も劇場の方が迫力あって観応えあるなと確信しています。
(内容が頭に入ってきます。)劇場でしか流れない予告なんかもあるので、これだけは間違いない。(笑)

 自分は観たい作品や興味のある作品は予告を必ずチェックするのですが、皆さんはどうでしょうか?
 考えれば2時間の作品を1,2分にまとめるのだから、展開を読めっこないはず。

ただ、双方を観終わった時、「良い意味で予告に騙された。」「悪い意味で予告に騙された。」「予告通りだ!」など、自分勝手に楽しめます。また、何度か繰り返していると予告そのものの観方が変わってきたりしますよ…騙されたと思ってお試しください。(笑)
予告編だけで観応えがあったり、本編とセットで観て良くできてるなーと感じたり…

 そんなこんなで今回は、営業部渡邉の勝手に予告ランキングTOP5発表します。()

※本編ではなく予告編だけを本当に自分勝手に評価したものです。

 

2016年上半期予告TOP

第一位:『ヴィジット』…予告編だけで騙されます。

第二位:『オデッセイ』…ノイズの入り方がセンスの塊です。予告の種類が豊富。

第三位:『アイアムアヒーロー』…陸上選手ZQNの手拍子と予告の音楽のマッチ具合に魅了されます。

第四位:『スノーホワイト』…圧倒的な映像美とカッコいい音楽が一つの映像作品の様です。

第五位:『人生の約束』…予告編で泣けるかもしれない、男の熱さが伝わります。

特殊効果賞:『ザ・ウォーク3D』…ビルの上の綱渡り、映像で腰が抜けそうです。

※入賞:『スティーブ・ジョブズ』『バットマンVSスーパーマン』『ズートピア』『ブラック・スキャンダル』『クリーピー』etc…

 

皆さんと素敵な映画(予告)が巡り合いますように。

【予告の王様】宜しくお願いします。

 

では、渡邉でした。

 

※俺の夢中−第三回−

「フリースタイルラップバトル」…思っていたよりもずっと深かった...。

 

以上

【あなたは、どんな大人になりたいですか?】

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2016-5-17 18:11

新緑が薫り、青空がまぶしい日々になりました。

天気がいいとドライブがしたくなる営業部のクラモトです。

 

ゴールデンウィークも多くのお客様にご来場いただきまして、ありがとうございました!
今年は最大
10連休の方もいらっしゃったようで、羨ましい限りです…

ところで、皆様は『ゴールデンウィーク』という言葉がどうやって生まれたかご存知ですか?

諸説あるようですが、映画業界が名付け親だと言われています!

お正月やお盆よりも映画が活性化する期間になるように…という期待を込めて名付けられたそうです。

【ゴールデンウィークに映画を観る】というのは王道の過ごし方かもしれませんね。

気が早いですが、来年のゴールデンウィークに思い出していただけたらと思います。

といっても、来年まで待てない方もいらっしゃるかと思います(いつだって映画が観たい!と言ってくださる方がいれば嬉しいです)

5月後半もまだまだ魅力的な作品が目白押しです!

なかでも個人的イチオシをご紹介いたします。


5/21(土)より公開



(c) 2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

 

【あらすじ】

笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなる。こうして、偶然取り戻した、一夜かぎりの家族の時間が始まるが――。

 

『そして父になる』『海街diary』の是枝裕和監督の最新作であり、9歳から20年近くを過ごした東京都清瀬市の団地を舞台に、監督自身の今を一番色濃く反映しているという本作は【なりたかった大人になれなかった大人】を描いています。

 試写で一足早く観ることができたのですが、私にとって初めての是枝作品となった本作は『なりたかった大人になれた?』と自問自答しながらの鑑賞となりました。 

 そして明確な答えが出せぬまま、ブログを書いています。

 それまで映画というと白黒はっきりつけた結末の作品を多く観ていたので、こんなにも観客側に委ねられる映画もあるんだなぁと新たな発見でした。

 主人公にしてもダメな部分がありながらもどこか愛らしかったり憎めない部分があったりすると思うのですが、本作の良多は清々しいほどにクズを極めています(この間までローマのために温泉を掘っていたとは思えないほどに)

 世界を変えるわけでもなく特殊な能力が身につくわけでもない、日常を切り取ったシンプルなストーリーではありますが、人が人を想う姿は大人になった今だからこそ胸に迫るものがありました。

そして、終盤に良多が息子へ発する一言には良多自身の決意が感じられたようで、少しだけ頼もしく思えました。

 ぜひ映画館でご自身のこれまでとこれからに思いを馳せながら観ていただきたい作品です。

 上映時間は5/18()からのご案内となります。

 ご来場お待ちしております。

 

 

……と、終わろうと思ったのですが前回の渡邉ブログでの【俺の夢中】が羨ましかったので便乗します!

 

kuramoto_collection #

<世界が恋に落ちた>でおなじみのIL  DIVO<イル・ディーヴォ>

先日、大阪城ホールであったコンサートを見に行ってきました。

5/20()まで上映している『エヴェレスト 神々の山嶺』の主題歌でもある“喜びのシンフォニー”は、ベートーヴェンの名曲『第九』がモチーフとなっています。

生演奏と壮大な歌声はとても素晴らしかったです。





ズートピア、全国限定50体!?

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2016-4-18 19:52
  

どーも、渡邉です。

 /23㈯より公開の「ズートピア」



動物たちの楽園ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が。警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが!ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう。頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた


吹替え版では、ジュディ役に上戸彩、クロウハウザー役にサバンナ高橋、マイケル・狸山に芋洗坂係長など
様々な有名人が、そして、主題歌は
Dream Amiが担当します。

登場するキャラクターは世界各国の動物たちでいっぱい。
「日本は狸、中国はパンダ、オーストラリアはコアラ、ジャガーはブラジル」
など、見どころの
1つになっています。

そして、今作には宮崎出身のアーティスト:斉藤千佳さんが携わっているようです。

↓↓詳しくはリンク先のニュースをチェックしてください。↓↓

http://www.cinematoday.jp/page/N0081990

ディズニーの近い作品で言えば、「アナ雪」、「ベイマックス」…名作しか生まれてないですよね。
滑るわけがない。絶対に私たちを満足させてくれるはずです!



で、今回は作品紹介だけでなく自慢させてください。()

みなさんは、“スタンディ”ってわかりますか?

 

 一度は映画館で見たことあると思うのですが…これです!!



左から、中村さん、山之城さん、佐藤さん

セントラルシネマ宮崎の美女3人に協力してもらいました。

撮影代はジュース一本……悪くない()

 


そんなことは置いといて、

見たことありますよね?でも、これ、大きくないですか?大きいんです。

なぜなら、『全国に50体しかない海外仕様のスタンディ』だから!!

大きさだけでなく、電車の中には細部にまでこだわったデザインとズートピアの仲間たちがいっぱい。

もう、座るしかないです。仲間になるしかないです。写真、撮るしかないのです。

そして、その写真を拡散してください。JUST ZOO IT!!

みなさんも、一緒に盛り上げていきませんか。


さらにさらに、
キャンペーンがあります!!

「ズートピア」を観て、東京ディズニーランド
(R)で“ジュディ”と“ニック”のイースターエッグを探そう。
(抽選で
50100名様ご招待)


↑↑詳しくはリンク先へどうぞ。↑↑

公開まであと少し、4/23㈯

劇場でお待ちしております。

 

では渡邉でした。

※俺の夢中-第二回-

「タバコの輪っか」…今、最高、一吸で13個です。

 

以上

 

ウルトラマンX、降臨

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2016-4-4 16:34
 『伝説の光の巨人、降臨!奇跡のファイナルユナイトを見逃すな!』

 

はじめまして営業部の渡邉です。ブログ更新、頑張ります。

 

/12㈯より、絶賛上映中の

「劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」

 

 

全ウルトラファン待望!「ウルトラマンX」がついに映画館の大スクリーンに!地獄の強敵怪獣軍団を相手に、エックスが大バトル!TVシリーズでも共闘したウルトラマン――ネクサス・マックス・ゼロ・ギンガ・ビクトリー――やXioの面々はもちろん、本劇場作品では、ウルトラマン・ウルトラマンティガが、エックスとともに奇跡のファイナルユナイトを魅せる!

 

という事で大忙しのウルトラマンXが、4/2㈯に

セントラルシネマ宮崎を守りに来てくれました!

ご来場いただいた、お客様と写真を撮ったり、握手したり…中には抱っこしてもらったお客様も!!
いつも以上に笑顔あふれるシネマになってました。

 

思い出せば自分が憧れたウルトラマンは、ティガとダイナ。今でも歌を歌えます。

カラータイマーがX型になってもウルトラマンはウルトラマン。

子どもたちが、うらやましくて、うらやましくて…

うらやまし過ぎたので我慢しきれず撮ってもらいました。(with日高さんと藏元さん)

 

 そして、映画をご覧いただき退場するお客様を待ち構えているウルトラマンX
ポスターの中の自分を確認するウルトラマンXのサービスショットです。

 

「劇場版 ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマン」、上映期間も残りわずかです。

是非、奇跡のファイナルユナイトを劇場で体感してください。

 

では、渡邉でした。

 

 

名刺代わりのご挨拶に今後、連載予定です()

※俺の夢中-第一回-

「キングダム」…漫画もアニメも止まりません!!

 

以上

PAGE TOP