version="1.0" encoding="EUC-JP"'; ?>

スタッフブログ

「春を背負って」 江戸っ子気質の木村監督

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ宮崎 2014-4-28 15:18
 ご無沙汰です。いよいよGW突入です。
年に一・二度、ローテーションに入っている…と思っている支配人です。
昨年は色々と舞台挨拶などイベント的なものがありました。
「ひまわりと子犬の七日間」で、堺雅人さん。
「図書館戦争」で、V6の岡田准一さん、榮倉奈々さん。
「おしん」で、宮崎の星、濱田ここねちゃん&詩朗さんが宮崎セントラルシネマに来場されました。
今年は、3月に“木村大作監督”(6月14日公開「春を背負って」)、
4月に“矢口史靖監督”(5月10日公開「WOOD JOB!(ウッジョブ!)神去なあなあ日常」)のお二人が、
全国キャンペーンのため宮崎に来られました。その際ご一緒したので紹介します。

「春を背負って」



なんと、監督が自ら車を運転して、宣伝マン任命証を配るため、全国47都道府県を回るというキャンペーンで宮崎に来られました。5年前の「劔岳 点の記」のときにも、同じように来られました。すごくパワフルな方です。江戸っ子なので声が大きく、はっきりものを言うといってました。映画の構想から撮影現場の裏話など、ここでしか聞けない話や、作品に対する想い面白さを、各媒体での取材、試写会でのお客さんの前で話していただきました。



私も試写を観ましたが、前作「劔岳」の厳しさだけでなく、今回は現代の話で、個々の人間がうまく描かれた家族の映画。観た後に「よかった〜」と思えるような作品です。山崎まさよしさんが歌う主題歌「心の手紙」もいいです。
公開は、6月4日(土)、ワールドカップブラジル大会と同時期ですが、是非劇場でご鑑賞ください。富山県立山連峰の景色は圧巻です。






次は矢口監督の「WOOD JOB!」紹介。

トラックバックpingアドレス http://www.mcc-9.jp/modules/d3blog/tb.php/78

PAGE TOP